9/18にある書籍が出版されました。

ビタミンDとケトン食 最強のがん治療 (光文社新書)
古川 健司

とにかく実践してみる価値はかなりあると思います。

なので、結論から言います。

ビタミンDをサプリで補給してください。
その量として、1日50~100ug。

国の指針から大きく外れますが、ほとんどのがん患者に欠損した栄養になるので、
これくらい極端でもよいそうです。

その効果は、一番厄介な癌である、すい臓がんでさえも完解に導いているそうです。

大腸がん他、ステージ4の末期患者ですら、完解に導いているようです。

その理論や理屈は、実際の症例などはこちらの本を読んでください。

まずは、騙されたともってやってみてもいいのではないでしょうか。

ビタミンDサプリは日本製のDHCのもので

1日50ug摂ったとして、1カ月分でたったの1000円程度です。

100ug取ったとしても、2000円です。

サプリであれば、その性質からして摂りすぎても大丈夫な理由も書いてあります。
医療用は過剰摂取してしまうようで、だめだそうです。

その間にどこか医療機関で血中のビタミンD測定をすればいいように思います。

人間ドックや骨粗しょう症の検査で同時に測れるそうです。

 

書籍の内容化すると、健康な人も一度は測ったほうがよさそうな感じです。

癌、といのが病気の親玉とした、その下にある糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病、

さらには、命には別段関係がなさそうな花粉症といったアレルギー疾患についても、

全てがビタミンDが関係してくるものだとしています。

 

まず、ものすごい内容でしたので、結論だけ、とりあえずお知らせしました。

ぜひ、書籍を見てください。

1000円しません。

 

そしてサプリを買っても、月2000円程度です。

ものすごい安いです。

 

食事は大幅に変える必要はありそうですが、
とりあえずはお米、パンといった主要な炭水化物をやめて、たんぱく質に置き換えることが当面のやれること。

しっかりとメニューを考える上では、計算表とか用いてが良いかと思います。

ライザップのメニューといえば手っ取り早いかも。
ただし、それに加えて、使っているオイル、取らなければいけないオイルなど、

ケトン体をエネルギーとするためや、抗がん作用を狙った材料に対するリクエストが
いろいろと盛り込まれています。

 

糖質制限についてはいろいろと議論があるところです。

継続することで健康に支障をきたす打とか、そもそもできない方も見えます。
できれば、日本糖質制限医療推進協会なるものがあるのですが、

そちらに加盟している医院、医療機関で
糖質制限をしても問題ない体質であるかを調べてから本格的に、がよろしいかと思います。

日本糖質制限医療推進協会はこちら

 

とにかく一度ビタミンDと癌について、ご自身にていろいろ精査してみては、

というご提案でした。