目次

光免疫療法とは

じゃぁ、光免疫療法の「免疫」って何ぞや?

光免疫療法に副作用、デメリットはないのか!

そして最大の問題点

まとめ

私自身は、元某企業の開発研究の技術屋で、
今は経営者として不動産関連に携わっているので、医療とは直接的な関係にはありませんが、

技術者視点 = データ、数字が全て、考察に足りない部分はさらにデータを積み上げろ

経営者視点 = お金の流れはどうなっているのか

でいろいろ考察している次第です。
もとになる医療情報については出所を記載しますので、この記事の内容はもとより医療情報の真偽含め、あなた自身でお確かめください。

 

久々に癌関係のおはなしになりますが。

コロナの感染がかなり膨大になっています。

一般人である私の予想は見事に外れてしまいました。
まぁ、素人の希望邸観測、だったわけですが。

グーグルのAI予想だと、14日にピークだそうです。
私の場合、遅くとも1月一週目がピークとしたんですが、甘かった。。

と、それはまた置いといて。

久々に「光免疫療法」の記事を目にしましたので、経過の確認も含めて、です。

光免疫療法とは

「抗がん剤」というと、薬でがん細胞を破壊する、と言えます。

光免疫療法も、「抗がん剤のようなもの」を体内に入れて、その成分をがん細胞までもっていって、破壊する。

と言葉では同じように思いますが、

癌細胞の倒し方が、通常の抗がん剤が化学物質、いわゆる抗がん剤では、がん細胞にとって「毒」になるもので倒すのに対して、

光免疫療法は、その薬、化学物質に「光」をあてることで、物理的性質を変え、物理的に癌細胞を破壊する、

というものです。

通常の抗がん剤が、薬を体内に入れるだけで作用するのに対し、

この光免疫療法で用いる「薬」のスイッチは、この光を当てるかどうか、がポイントになります。

光のスイッチ、その意味するところは!

抗がん剤の場合、とりいれるだけで作用するため、正常な細胞も傷つけてしまう、

つまり、髪の毛が抜けてしまうのも、抗がん剤が髪の毛に関する細胞に作用して、痛めてしまうからであって。

一方、光免疫療法では、

光が当たらなけば、薬が作用しないので、患部だけに光を当てればよい

すなわち、

細胞を破壊する部分を限定的に抑えられる、

ということです。

(屋外に行ったらどうなるんだ?という疑問はありますが、正常細胞に薬はそこまでとどまらないかな?)

光免疫療法による破壊原理とその効果は!

まず、がん細胞まで薬を運ぶのはどうするのか、と。

これはこれまでの抗がん剤と同様、がん細胞であるマークに引っ付く物質で運ぶと。

これは従来と変わらずですし、これまでの技術が十分に役に立つ、ということです。

 

これまでの抗がん剤は、がん細胞に到達しているにもかかわらず、

その「毒」が確実に利くのかどうか、っていう問題があります。

 

それに対しいて、光免疫療法の細胞の破壊方式が物理的であることで、

化学的云々ではない、がん細胞が毒に慣れているかどうか、という問題ではなく、

ゆってみれば、「細胞が物理的にどれだけ強いか」ということになります。

 

さすがにずるがしこい癌細胞でも、細胞膜を3倍厚くするとか、そういうのは無理でしょう。

なので、薬が癌細胞にとどまれば、確実に倒す、と。

 

ここも大きな違いですね。