目次

 ・丸山ワクチンとは?

 ・丸山ワクチンが癌に効く理屈

 ・丸山ワクチンのメリット、デメリット

 ・丸山ワクチンに関する問い合わせ先

丸山ワクチンとは?


候補として検討したことのある治療として、丸山ワクチンがあります。

丸山ワクチンを知ったのは、ちょうど父親が癌になって

いろいろ検査を受けていく中で、

間質性肺炎という厄介な症状があり、抗がん剤が使えない、

という話が出てきた当たりだったと記憶しています。

 

まだ転移は認められていないかったので肺の切除を行う、

という外科治療になりましたが、通常はセットで、

細かく残っている、まだ成長してはいないものの、体内に分散されたがん細胞を

抗がん剤で死滅させる、という治療も行うところですが、

間質性肺炎のため、それができないと。

 

癌細胞は、どれだけ小さいものでも発見されたときには、すでに転移が始まっている、

とも言われます。

CTやPET検査では見つけられないレベルの細胞が、すでに他のところにも回っている。

なので、切った後に抗がん剤を投与する、ということです。

それをやっても、再発する、というのも現実には少なくありません。

 

ある医者のこれまでの調査では、1400人を追跡したところ

6割が再発していると。

その方は外科医でして、自分がうまいこと切ってもその後がそんな状況なんだと

愕然としたとのことです。

 

で、なんとかほかに治療はないか。

あるいは、もし再発した場合に、おそらくその時は切除での対応はむつかしいので、

内科的に治す方法はないか、というのを探しているときでした。

そんな時、丸山ワクチンの紹介が、ある番組でやっていて目についた次第です。

 

「世界仰天ニュース 国が認めない丸山ワクチンの謎」

 

です。

「丸山ワクチン」の(TV放送としての)正確な情報含め、検索すればでてきますので、

詳しくはそちらに譲ります。

こちらの放送後、丸山ワクチンに対する問い合わせが無茶苦茶増えたのは言うまでもありません。

電話がなかなかつながらない状態でした。