人生100年時代を元気に生きるための100のこと

医者だけに頼らないがん対策と健康であるためのお話

肺がん、手術前

前回、手術前の検査で分かったことは、 肺がんの成長スピードが異様に早い、ということだった。 当初の検査では2cmくらいの大きさだったものが、 ひと月たっただけで4cmと成長していた。 このままだと、手術を行うさらにもう1 […]

光免疫療法というがん治療と楽天三木谷社長と

※当方は医療関係者ではありません。 情報の真偽に関しては、他の情報も確認するなど、ご自身の目で確かめ、頭でお考え下さい。 ちょっと前から、がん治療の中ではいろいろと記事になっている治療法かともいます。 その治療法補が、こ […]

加糖ジュース、「飲めば飲むほど死亡リスク高まる」 心疾患やがんリスクの増大

※私は医療関係者ではありませんので、記事の真偽についてはご自身でお確かめください。 砂糖業界や飲料メーカー、あるいは、砂糖を使っている食品すべてにおいて ちょっと厄介なデータがでたな、という記事ですね。 炭酸飲料やスポー […]

隠れ脂肪肝-気づいた時には肝硬変 では、その対策とは?

※こちらは医療サイトでも何でもありません。情報の正確性はご自身でお確かめください。何かのきっかけになれば、幸いです。 あまり知られていない脂肪肝の原因とは? 脂肪肝は、アルコール以外にも原因があるというのはご存知でしょう […]

がん患者 増える日本と、減る欧米、その理由は?

今朝のトピックで、ひとつ気になるのが。 二人に一人が癌になる時代、と言われて久しい日本ですが。 なんと、がん患者が日本より欧米の方が少ないと。 記事を見ると、人口当たりの死亡者数、また、がん種類による死亡者数の人口あたり […]

長友佑都「糖質管理」そして、ケトン体と癌と糖尿病と

サッカー日本代表の長友選手といえば、長くイタリア名門インテルで首相までつとめ、サッカーwカップでは他国のエースとも渡り合うほど、世界的にも有名なSBの選手です。 その長友選手はそのトレーニングには食も含まれている、とつね […]

がん細胞を攻撃する「キラーT細胞」 働きが悪くなる仕組みを解明

毎日新聞より 最近、がんの治療方法って、いわゆる抗がん剤っていう、薬でもってがん細胞をやっつけよう、というものから、もっと、原理原則に沿った治療方法が多くなってきているように感じます。 最近では一番ん和田になっているオプ […]

肺がん摘出の優先は、結果的にはよかったのだと

総合病院の医者は、何もアドバイスはくれない。 自分たちに責任が来ないようにするのが、最善策、と思っているのだろう。 リスクだけはしっかり説明して、ただそれだけ。 この場合、こういう方法が適切だ、といったアドバイスは、まっ […]

堀ちえみさん 舌癌告白 家族の絆と強い意志で乗り越えて!

なんでしょうね。 どうなってるんでしょうか。 池江さんの白血病に続いて、今度は堀ちえみさんのがん告白です。 そして、ステージ4とのことで、かなり深刻です。 まだそんなに歳をとっているわけでもないのに、どうして。 堀ちえみ […]

肺がんの進行速度と、動脈瘤と

医者から検査結果を聞いたのだけど、正直おもったことは、 「おいおい、なんもできねーじゃん」って。 まず、肺に関して言えば、肺がんだけでなく、間質性肺炎も患っていると。 この間質性肺炎も、原因は特定できないのだけど、おおよ […]

あのレオパレスに住んでみた。で、たまに友人から土地にアパート建てたらどうなるん?って聞かれるんですが。。

レオパレスの違法建築、やばいですねぇ。 そしてなぜこの時期なのか、というのが、かなり意図的なものを感じますよね。 引っ越しとかが一番困難なこの時期に。 実はわたくし、レオパレスに住んだことがあります。 ぱっとみ、すぐレオ […]

肺がんと、間質性肺炎と、動脈瘤と・・・

正月も終わり、ようやく病院の始動とともに、おやじの肺がんの検査が始まった。 自分も初めてのことだから、正直、どういった検査があるのかはよくわからない。 血液検査に、造影剤をつかった検査に、MRIだとかCTだとか。 ブドウ […]

あのね、お父さんね、、食事がまずくなるから、あとでね。。

その日も、いつもと変わらない、なんでもない日だったんだけど。 うちの母親は、うちのマンションの近くに畑があるってことで、よくうちに野菜をもって寄ったりする。 あとは、子供の行事も、暇なんで何かあれば絶対に参加する。 決ま […]

東京五輪競泳のエース 池江璃花子 白血病の衝撃!絶対に治ると信じて!

日本競泳会だけでなく、スポーツ界にちょっと衝撃のニュースが飛び込んできました。 東京オリンピック、競泳界のエース、池江璃花子選手が白血病との報道です。 いわゆる、血液のがんです。 ここまで衝撃的な話は、最近では記憶にない […]